顔料
加工顔料
排水処理材
その他
製品案内

A.Iの排水処理への応用

1. Mo(三酸化モリブデン)含有排水処理例

原水水質は、塩化第二鉄による凝集沈殿後、活性汚泥処理を行い、BOD、CODが、ともに約50mg/L、Mo(三酸化モリブデン)は、100〜250mg/L含有しており、PHは中性域の排水です。
原水に対し、250g/m³のA.Iを添加し、30分間の反応時間をとります。その後、塩化第二鉄を500g/m³添加し、苛性ソーダでPH5.5に調整し、その上澄み液のMo濃度を測定します。
この例では、Moの除去率は99%以上となります。又、塩基性染料(ローダミンB)の着色も消すことができます。

処理効果の比較
使用薬剤 使用量g/m³ Mo濃度(mg/L)
 除去率(%)
処理前 処理後
A.I+FeCl3 250+500 105 0.1 99.9%
A.I+Fe2(SO4)3 250+1000 107 0.1 99.9%
活性炭 -------- 117 59.4 49.4%
FeSO4 3000 125 7.7 93.8%
BaCl2 5000 198 7.6 96.2%
Na2S+吐酒石 2000+1000 151 6.8 95.5%
重金属捕集剤(注1) 1500 18.6 3.8 79.6%

※注1ポリアクリル酸のオリゴマーを主成分とする。
特許共同出願中(特許 平9−177158号)

2. 工場排水処理の実例

原水水質は1.の例と同様に塩化第二鉄による凝集沈殿後、活性汚泥処理を行い、BOD、CODがともに約50mg/L、三酸化モリブデン(MoO32-)、三酸化タングステン(WO32-)、三酸化アンチモン(SbO32-)がそれぞれ下記の濃度で含有しており、PHは中性域の排水です。1.の例と同様、原水に対し250g/m³のA.Iを添加し、処理を行いました。

  MoO32- WO32- SbO32-
(1) A.I処理前 93mg/L 13mg/L 2.4mg/L
処理後 0.6mg/L 0.1mg/L 0.056mg/L
除去率 99.4% 99.2% 97.7%
(2) A.I処理前 97mg/L 9.2mg/L 0.82mg/L
処理後 0.7mg/L <0.1mg/L 0.025mg/L
除去率 99.3% >98.9% 97.0%
(3) A.I処理前 120mg/L 14mg/L 0.84mg/L
処理後 1.1mg/L 0.3mg/L 0.026mg/L
除去率 99.1% 97.9% 96.9%

例(1)、(2)、(3)の処理前の原水に含有している重金属の濃度は、稼動条件の違いにより差が生じていますが、A.Iの処理効果は高く、除去率は安定した数値を示しています。 以上のように、これまで捕集が困難と言われていた重金属をも捕集可能(凝集沈殿可能)にさせるA.Iは、飛灰処理剤としても、高い実績を誇っています。カドミ、鉛、クロム、砒素等の重金属を含んだ排水処理にも非常に有効な処理剤です。ご相談は、弊社本社技術部までご連絡下さいます様お願いいたします。